カテゴリ: プロジェクトD船

ひきつづき素晴らしい天候で向かえた
バレンタインデーの日曜日(^^)

イメージ 1

早朝より教習艇などなどの揚降作業も入ったりしてますが、

イメージ 2

管理人は巻尺をもって湖上へ^^;

イメージ 3

とあるデータ取りなんですが、
残念ながらブログでは紹介出来ないんですよね~^^;

イメージ 4

ま、その代わりと言ってはなんですが、
和船を出したので、
リクエスト頂いていたD船の動画を撮ってきました(^^)

item(http://www.yanmarmarina.com/diesel.html) ← これが機能するはずだったんです、、、

っと、ここでヤンマーグループでも見れる動画が来るはずだったんですが、
今の今までかかって結局めげてしまい(ーー;
(おなか空きましたし、、、)



結局ユーチューブを貼り付け、、、_| ̄|○ il||li
(ブログの文章を打ちつつ作業してましたのでここより下は普通に書いてます)

ま、煩いだけのような気もしますが、
高回転ディーゼルですから、、、^^;
っと、お茶を濁したところで、
ホント天気も良く暖かい本日。。。
ベタ凪ぎも手伝って実技講習も気持ちよさそうな感じ(^^)

イメージ 5

若干気持ちよさそうを通りこして、
既に夏を思わせるメンバー様もいらっしゃいましたけど。。。^^;

イメージ 6

などというところで、
本日は世間一般俗に言う バレンタインデー ですね。。。

その昔は貰えもしないのに心トキメかせたものですが^^;
この年になってやっと【おちょこ様】に囲んでいただけるようです。。。(笑)

イメージ 7

などと打ちつつ大変遅くなってしまった本日、、、
おおもとはヤンマーグループだと、
動画サイトがセキュリティーに引っかかって見られないので、
FLVをマリーナのサイトへアップして、
そこからブログに貼り付けヤンマーグループでも見られるように(^^)
と言うのが目標だったんですが、
本日は完全にめげてしまいました_| ̄|○ il||li

天気の悪い日にでもリベンジしてやります、、、


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

最高気温15℃と春のように暖かく晴れわたった本日(^^)
おまけに湖面もベタ凪ぎときているのですが、

イメージ 1

残念ながら本日はクラブハウスや事務所の定期清掃の為に出社、、、(ーー;

イメージ 2

出撃出来ないのは残念ですが、
小一時間ほど事務所から追い出されるタイミングがありますので、
この凪ぎを利用してやり残していたD船の最終調整を(^^)

イメージ 3

ま、トリムタブの角度を調整するだけなんですが^^;
凪ぎの日で無いと出来ないプラス今日は徹底的に調整できますので(笑)

イメージ 4

っと、いいつつも調整一回でOK。。。
手を離しても真っ直ぐ走ってくれるようになりました(^^)

イメージ 5

さて、和船の準備も整いましたが、
一枚目の写真を見ていただくと無数の飛行機雲が見えるように天気は下り坂、、、
しかも明日は用事があるのでホント今日の凪ぎは恨めしい(ーー)
そんなところでそろそろ清掃も終了しますので、
定休日の本日は早仕舞いさせて頂きますね~(^^)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

若干風は強いものの素晴らしく晴れわたった本日(^^)
絶好の試運転日和です♪

イメージ 1

さて、気になる和船はと言うと、
何時の間にか燃料タンクもペットボトルでは無くなり(^^)

イメージ 2

タイミングベルトの交換も終り(^^)

イメージ 3

ロアケースも装着され完成しています(^^)

昨日は管理人休みだったんですが、
それはまさしくミラクル!!








って、部品が到着したので、
サービスSが優しく仕上げてくれておいたのですけどね^^;

イメージ 4

「新艇乗るよりワクワクするわぁ~(^^)」って管理人が言っていたので、
朝一から試運転出来るようにしておいてくれたスタッフSに感謝してエンジン始動(^^)
「ぴぃ~♪どるん♪どるん♪どるん♪」
軽快な排気音を奏でるD船の暖気をしつつ最終チェックを済ましφ(..)OK!
それではいって見ましょうかね~♪

イメージ 5

若干お尻が重たくおもてが上がるものの、
予想通り軽快に走ります(^^)

イメージ 6

が、マックス4500rpmのD船。。。
セッティングでは4600回ってくれるようにしないといけないのですが、
残念ながら4300止まり、、、(ーー)
(スミマセン若干荒れてたものでフレームに入らなくて、、、)

イメージ 7

プロペラのピッチを落としφ(..)かちゃかちゃかちゃ☆
再度テストランε=ε=ε=(o ^_^)o
写真撮れませんでしたが良いようです(^^)
さて、プロペラが決まったところで、
油圧では無く人力ケーブルステアリングの和船君。。。
トリムタブ(説明するのが面倒なので各自調べてください。。。)を
調整しておかないと走っている間ずっと舵を握ってなければ
真っ直ぐ走らない事になるのですが、
こちらは、本日の湖面状況ではムリ、、、(ーー)
いずれ凪ぎの日にやっつける事にします。。。

イメージ 8

っとまあ、和船がほぼ完成したところで、
残りのエンジンをフォークリフトで運びε=ε=ε=(o ^_^)oLぶろろぉぉぉぉ~

イメージ 9

ふたたび資材置き場の奥地へ。。。
今回載せたケロシンD船君が調子を崩すまでふたたび冬眠に入ってもらいzzz。
これにて【和船にエコ(色々な意味で。。。)なディーゼル船外機を載せてしまおう】プロジェクトは、
最終日がテストランと調整だけになってしまいましたけど終了です(^^)

イメージ 10

いつかは復活させようと思いつつ、
かれこれ10数年も放置していたディーゼル船外機。。。
やる気になれば10日ほどで出来たんですけどね^^;
これから大事にしていく事にします(^^)
皆様、長らくD船記事にお付き合いありがとうございましたm(__)m
(また新たなプロジェクトを考えなければ、、、)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

昨日のブログではD船が乗っかったところのみ触れて、
D船徹底解剖をアップしてしましたので^^;
本日は和船D船載せ換えプロジェクトの進行状況を一気に2日分紹介させて頂きます(^^)

昨日はまずトップランからD船を降ろすところからスタート(^^)

イメージ 1

ま、降ろす方は早いので、
サクッと桶だけになってしまったトップラン。。。
試験艇と言う性格上可愛そうなぐらい穴が開いています^^;

イメージ 2

桶だけになったと言えども、
エンジン以外の物もあちこち外さなければいけませんので、
こちらはサービスSIに頼んでおき(^^)/ 「たのんだでぇ~」

イメージ 3

その間に管理人は和船の某Y社製2スト船外機を降ろし、
ケロシンD船を積んでしまいます\(゜ロ\)(/ロ゜)/バタバタバタ

イメージ 4

なぁ~んて、作業をやっていると、
L足を使うのに持ってきた部品取りもそのままでしたので、
工場にはD船だらけ、、、
一寸面白い光景です^^;

イメージ 5

で、D船本体が乗ればお次はリモコン(^^)
今回使う業務用シリーズには設定が無くレジャー用ですが、
こんな事もあろうかと、
以前大阪パーツセンターの引越し時に転がってた奴を(参照)
しっかり保管しておきましたので、
取り付けする事にします(^^)

イメージ 6

ホントは長らく頑張ってくれた某Y社製でも動かせないこと無いんですが^^;
気分的にねぇ~(笑)

イメージ 7

そしてまたサービスSIに 「頼んだでぇ!」 と託して、
(管理人も大分手伝いましたけど。。。)

イメージ 8

ある程度サマになってきましたので、
部品がくればすぐにタイミングベルトを交換できるよう(^^)
サービスSIとフライホイールを抜きにかかりましたφ(..)

がっ!
28㌔というとんでもないトルクで締められていたフライホイール、、、(ーー)
ハロゲンランプで温めたり2人がかりでプーラーがそるほど頑張ったものの
あえなく昨日はここまでで終了、、、(ーー)

イメージ 9

で、ここからが本日なんですが、
朝一からとりあえずプーラーをインパクトで「ぶりぶり」締め上げて打撃をあたえ、
あんまり直火は使いたくなかったのですが、
あまりの頑固さにトーチで炙って膨張させますφ(..)ぼぉぉぉ~

イメージ 10

その後、ハンマーで「ガン☆ガン☆」やること数回。。。
ばこっん!!
という大音響と共に5cmほど浮き上がってビックリしましたが^^;
やっと外れてくれましたε-(^、^; ほっ

イメージ 11

哀れプーラーのワッシャは反りかえり、
かなりの力をかけた事が分ります、、、(ーー;
(ちゃんとプレスで押して真っ直ぐしときましたけどね)

イメージ 12

さて、難関を突破し、
お次は近い機種の配線図を参考にしつつリモコンボックスの配線です(^^)

イメージ 13

先ほども書きましたがリモコンは今回載せた業務仕様とは違ってレジャー用、、、
そこに追い討ちをかけて試験機と言うことで配線の色もバラバラ^^;
しかも「警報音」を絶対に鳴らすというコンセプトで作業した為、
(エンジンかける前に「ぴぃ~♪」って言う音ですね。。。)
これまた結構な難題でしたが、
船外機本体のキーシリンダーを外してケーブルを這わせば、

イメージ 14

まるで純正のような仕上がり^^;
(別にキーシリンダー外さなくても穴はあったのですが作業しやすかったので、、、)

イメージ 15

そんな感じでプロジェクトも大詰めとなり、
後は部品が来ればタイミングベルトとインペラ、油脂類を交換して完成~(^^)
というところまできましたが、

イメージ 16

燃料タンクも部品が来るまで依然ペットボトルのままだったりします^^;

イメージ 17

そんなところで明日部品が来てくれればよいのですが、
残念ながら水曜到着予定、、、
しかも管理人休みなんですよね~(ーー)
っと言うことで、皆さんお待ちかねの試運転は木曜日になる予定です(^^)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

新しいデジカメのデビューにふさわしい晴天となった本日(^^)
よく撮っていた風景も心なしか綺麗に見える、
ファーストショットは琵琶湖の風景となりました。。。
(ちなみに初日の撮影枚数50枚でした!)

イメージ 1

さて、何時の間にか和船にはD船用リモコンが装着され、

イメージ 2

ディーゼル船外機も乗っかり、
それはそれは色々なエピソードがあったのですが^^;
そちらは明日にでも紹介させて頂くことにして、

イメージ 3

リクエストも頂き、
皆様珍しいディーゼル船外機(通称D船)に興味がおありのようですので、
本日は、D船徹底解剖といった内容にさせて頂きます(^^)

さて、一般ユーザーさんには分らないかも知れませんが、
インペラからすでに変わった形をしているD船シリーズ。。。(ーー)
(インペラ左側が排気の通路です。)

イメージ 4

形もさることながら10数年も放置しておいて、
いまだゴムに柔軟性があるところも驚きだったりする、
各部の材質にも気を使った船外機ですが(^^)
(ちなみにこの向きで装着です。)

イメージ 5

もっと面白いのが、
インパクト大なインテークも見た目に斬新な、
(市販機はプラスチック製なんですけどインパクトは同じです^^; )
パワーユニットです(^^)

イメージ 6

ま、下の図はホンダさんの4スト40馬力のシリンダーブロックなんですが、
ごくごく一般的な構造でシリンダーヘッドがある為、
シリンダーブロックの絵だけにすると、
ピストンの入る大きな穴が3つ見えます(^^)

イメージ 7

で、こちらがよく似た角度からD船のシリンダーを見た図。。。
同じ3気筒なんですが大きな違いとして、
シリンダーの穴が見えません。。。
さらによく見て頂くとシリンダーブロックの絵なのに給排気のバルブや、
バルブスプリングなどが書かれています。。。(^^)

イメージ 8

っと、小難しい絵を並べましたが、
その違いはシリンダーヘッドが無いんです^^;

軽量・コンパクト・高回転(高出力)というコンセプトで、
シリンダーヘッドを無くし、
あまり聞きなれない【モノブロック】という形状で製作されているんです(^^)

カムシャフトがクランクの横にあるのでプッシュロッドが付いてたり若干違いますが、
(D船はバルブの上にカムシャフトがあり、タイミングベルト式です。。。)
丁度下の絵のような感じでシリンダーブロックにつなぎ目が無い形状なんです(^^)

イメージ 9

そんな感じでかなり専門的な内容になりましたが、
要するにその辺のエンジンには無い特殊な作りをしているD船(^^)
ポンプから来た燃料を噴射ノズル内でもう一段加圧し、
クリーンな燃焼と共に低燃費・高出力を得るユニットインジェクターが付いていたり、
発売当初(20数年前です、、、)はなかなか斬新なエンジンだったと思います(^^)
(そのおかげか灯油仕様でも黒煙・白煙がまったくと言って良いほど出ません。。。)

まあ、ここまで褒めちぎってきましたが、
マリーナスタッフからすると、
いざ修理となれば一寸厄介なんですけどね^^;


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

↑このページのトップヘ