2008年07月

告知するのをコロッと忘れてましたが、
明後日の土曜日に花火大会があります^_^;
で、花火大会と言えば縁日屋台、、、
(去年の模様はこちらでhttp://blogs.yahoo.co.jp/yanmarmarina/15232518.html)

イメージ 1

と言うことで久しぶりに買出しです(^^)

イメージ 2

今回はレストランの仕入れ業者からも食材を調達しますので、
そんなに多くないのでなめてかかった一軒目、
メモを片手に買い物籠に入れていくと、
結構山盛り、、、^_^;

イメージ 3

2軒目の店を出る頃にはやっぱり車も満載です(ーー;

イメージ 4

さて、明日は揚降作業をこなしつつ、
屋台の準備もしなければいけませんが、
今年の出し物は、焼そば、ソフトクリーム、からあげ、ポテトにドリンク類(^^)
で、わすれてはいけないのが金魚すくい(^^)
土曜日は天気も良くまたもや猛暑日予想。
夕方から涼みがてらの花火観覧お待ちしておりますね~(^^)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

イメージ 1

今日は月曜日の嵐模様とはうって変わって天気は快晴でべた凪ぎということもあって朝からハーバーも賑わいを見せます☆
ということなので降ろしていきます(^_^)v

イメージ 2

メンバーさんも気持ちよく出発!!お気をつけてー(^0_0^)

イメージ 3

しかしジェットを降ろそうとおもいジェット側の揚降を見てみるとレールに藻がぎっしり!!
ということで10トン側で降ろすため引っ張って行きます!!

イメージ 4

降ろして行きまーす☆ほんとに気持ちよさそうですね(^_^)

イメージ 5

ハーバー側に目を向けてみると修理であふれてます(^_^;)
今日はこんな感じで終わりです。最近暑いので皆様お体にお気をつけ下さい(^_^)

本日も快晴で始まり、
まずは気持ちよくランチクルージングに出かけます(^^)

イメージ 1

しかし、昨日同様雲行きが思わしく無く、
風も上がってきましたので(ーー;
晴れてはいますがサクッと北湖を周遊し、
マリーナ付近の観光名所を回ったあとマリーナへ(^^)
ちょうど下船して頂いた直後より写真が無いのですが、
昨日の嵐の上を行く夕立が始まりバタバタと^_^;

イメージ 2

ま、そんな感じでちょっとバタつきましたが、
こう言う天候の急変や事故などで不測の事態が起きても対処できるよう、
本日のメインイベントである救命講習スタートです(^^)

イメージ 3

実は支配人や管理人はじめ、
多くのスタッフが資格を有しておりますが、
やはり日頃使う技能ではありませんので
(使う機会が無いに越したことは在りませんが、、、)
消防署より救急救命士の方にマリーナまで出向いて頂き、
おさらいする事となりました(^^)
まずは要所要所ポイントを聞きつつお手本を見せて頂き、

イメージ 4

ハーバーの若いスタッフからスタート(^^)

イメージ 5

順番に交代して、
ダメだしをしつつ心肺蘇生をしていきますが、
資格保持者が多いので割りとスムーズに進んで行きます(^^)

イメージ 6

が、以前受講した時は15回だった心臓マッサージが30回に増え、
中にはヘロヘロな感じのスタッフもいたりしますので^_^;
やはり倒れている人がいれば、
まずは人を集めないといけませんね(^^)

イメージ 7

さて、ちょうど上半身裸のモデルがおりましたので^_^;
心臓マッサージ時の細かなチェック箇所や、
マリーナゆえにウェットスーツなどの処理も確認しφ(..)メモメモ

イメージ 8

マリーナにも常備しておりますが、
最後にAEDの使用方法をおさらいして終了です(^^)

イメージ 9

先日もAEDで小学生の命が助かった等ニュースでも話題が多いですが、
本日の救命士の方もおっしゃられていた通り、
AEDで止まった心臓は動きません。
あくまで心臓の痙攣をとる補助的なものです(ーー
大事なのは人工呼吸や胸骨圧迫と言った救命処置をしっかりとすることですので、
手順を忘れない為にも反復しての講習受講が大事ですね(^^)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

昨日の楽しい話題から一変し、
またしてもこの絵から始まりますが^_^;
心配していた通り昨夜の風で揚降機前はひどい状態です、、、

イメージ 1

ま、予め想定していましたので、
何時もより早めに出勤して刈取船を降ろし対応しますが、

イメージ 2

一番肝心なレールの上はやはり人力だったりします、、、^_^;

イメージ 3

と言うことで本日も無事揚降作業スタート(^^)

イメージ 4

管理人はハーバーに行ったり、レイクサイドバーに行ったり
はたまたクルージングが入っていたり >_<
昨日のクルージングからいきなり現実に戻されバタバタです、、、

イメージ 5

で、クルージングから戻ると揚降作業もテンパってますので、
落ち着くまで作業に入った後、

イメージ 6

バーに戻ると、
お昼の1時ですが今年初の夕立に見舞われます。

イメージ 7

一斉にクラブハウスに逃げ込まれるお客様を横目に、
芝生と樹木に恵みの雨~(^^)

イメージ 8

などと考えていたのが悪かったか、
前線通過の影響でメンバー様の艇にトラブル発生、、、
さすがにこの悪天候ですので、
ベテランスタッフ、サービスSと共にレスキューに向かいますが、
琵琶湖大橋を越えて5分ほどでホワイトアウト、、、
雷の猛攻にあい、何とか橋の下まで戻り、
こちらもしばらく足止めです、、、>_<
(結局、足止めされている間に自力復旧されましたが、、、)

イメージ 9

などと悪天候に翻弄された後も、
上架作業でバタバタし、
この後の写真がないですが^_^;
事務所に戻ったときにタマタマついていたテレビのニュースでは、
昨日訪れた鳥人間コンテストのステージも、
前線通過の突風に見舞われバラバラに、、、
昨日のベタ凪がうそのような本日の琵琶湖でした(ーー;

イメージ 10

本日は色々とあった一日で、
雷では揚降機のリモコンが潰れたり、、、
はたまた作業上のトラブルもあったり、、、
(ご迷惑をおかけしたメンバー様、申し訳ございませんでした。)
突然の嵐に見舞われ、
管理人も含め湖上で肝を冷やした方もおられましたが(ーー;
皆様怪我等無かったのは幸いです(^^)
さ~て、来週の土曜日は花火大会です。
好天になることを祈りつつ、
(今日も前半戦は好天でしたが、、、)
皆様ご来場お待ちしておりますね~(^^)


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

猛暑日の予報通り素晴らしく晴れ渡った本日(^^)

イメージ 1

予定通りクルージングに向かいますので、
まずは恒例のキャプテンミーティング(^^)
泊地と係留順序の確認をおこない、

イメージ 2

マリーナを後にして抜けるような青空の下、
一路コンテストのステージ、
彦根の松原をめざします(^^)

イメージ 3

参加頂きました皆様の日頃の行いがよいのか、
風も無く湖面にボートが映りこむほどのベタ凪(^^)
参加各艇の写真を撮ったりしつつ、
ボートを進め、

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

滑るような感じの、
気持ちの良いクルージングで到着した松原沖では
楽しくない警備艇のお出迎えが、、、^_^;
「もっと離れてください~」
などと言われつつ、
去年より少し遠くなりましたが、

イメージ 8

無事アンカリングし、
観覧&水遊びタイム開始です(^^)

イメージ 9

で、非常にマメなC谷様、
フライトプログラムをご準備してきてくださいましたm(__)m

イメージ 10

が、去年よりステージから離れている為、
アナウンスが聞こえず今現在どの機体が飛んでいるのやら、、、^_^;
しかもマリーナのデジカメでは飛行機が写りません >_<

イメージ 11

と言うことで、
さらにC谷様の望遠一眼のデータを頂き、
こんな感じで飛んでいると言う写真を^_^;
(C谷様重ね重ね有難うございました。)

イメージ 12

そんな感じで皆さん思い思いに楽しんでいる頃、
近所におられた他のメンバー様にジェットを借りましたので、

イメージ 13

お約束、ステージの写真を^_^;

イメージ 14

そんな感じで予定の時間になり、
松原のコンテスト会場を後にして一路マリーナあらため沖ノ島水道を目指します(^^)

イメージ 15

で、寄り道したさきは、
秋の[ 紅葉クルージング]でも帰りによりましたが、
長命寺港に入り参道へ(^^)

イメージ 16

皆さん冷たいお蕎麦やうどんなどを食されてますが、

イメージ 17

一部チャレンジャーなメンバー様と管理人はアツアツの長命そばを^_^;

イメージ 18

これが結構ほてった体に美味しかったですが、
非国民なスタッフHはカキ氷など食してます^_^;
(美味しそうなところがチョット悔しい、、、)

イメージ 19

さ~て、再びお腹もふくれましたので、
一部の方は808段の階段に挑戦(^^)

イメージ 20

などと予定変更で寄り道などもしましたが、
楽しかったクルージングも終わり無事マリーナへ(^^)

イメージ 21

本日も真夏の琵琶湖を満喫した観覧クルージング(^^)
参加いただきました皆様有難うございましたm(__)m

次回は、しじみ狩りクルージング(^^)
ゆったりした時間を過ごしてみませんか?


ヤンマーマリーナ http://www.yanmarmarina.com/

↑このページのトップヘ